垂れ流し日記

その日に起きた出来事の感想をそのまま書く垂れ流し日記

ジロ・デ・イタリア 3週目

ジロ・デ・イタリア2017も最後の休息日を迎え、残るところあと1週間となりました。

連日寝不足になりながらも楽しんでいますが、それも後6ステージで終わってしまいます。

www.cyclingnews.com

現時点では、最終日のITTを考慮するとデュムランが大分有利な状況に見えますが、上の記事にもあるように「デュムランは"unbeatable"ではない!」とあります。

理由としては、「平坦ですすんだ後のドカンと山頂フィニッシュしかこなせない(かもしれない)」とのこと。つまり途中で厳しい山岳を複数挟んだ"ギザギザ"コースならチャンスあるのでは?という分析です。

3週目には、そのようなギザギザコースがあるので、まだわからないですね。デュムラン自信も「三週目が一番ディフィカルト」と認識しているようですしね。

 

残りの6ステージを見ていきます。

第16ステージ 

http://static2.giroditalia.it/wp-content/uploads/2017/03/T16_Bormio_alt_web.jpg

ジロ・デ・イタリアでは、最高標高地点を「チーマ・コッピ」と呼び、特別賞が設定されています。

今年の「チーマ・コッピ」はおなじみの「ステルヴィオ峠」。それが100回大会記念に2回も登らせるという人権団体が講義してきそうなコース。それを懸念してか最後は下ってゴールという多少の配慮はあるものの厳しいコースには変わりありません。

デュムランが「不得意(かもしれない)」と思われているギザギザコースです。キンタナとしては、まずここでタイムを失わないようにしたいものです。

 

第17ステージ

http://static2.giroditalia.it/wp-content/uploads/2017/03/T17_Canazei_alt_web.jpg

ギザギザとまでは行かないですね。「緩やかに長く登る」というデュムランの得意とする登りなので、大丈夫でしょう。

 

第18ステージ

http://static2.giroditalia.it/wp-content/uploads/2017/03/T18_Ortisei_alt-1.jpg

ギザギザです。モビスターがチーム力で序盤から攻めまくればデュムラン一人では持たないでしょう。しかし、モビスターも後のことを考えてそんなギャンブルはしてこないと思いますが。

 

第19ステージ

http://static2.giroditalia.it/wp-content/uploads/2017/03/T19_Piancavallo_alt-1.jpg

多少ギザギザではあるものの、まだ難易度は低そう。現状のデュムランであればこなせますが、疲労が溜まっていればどうなるかわかりません。疲労やバッドデイがドラマを演出し始めます。

 

第20ステージ

http://static2.giroditalia.it/wp-content/uploads/2017/03/T20_Asiago_alt-1.jpg

 

2014年にキンタナが制したモンテグラッパ。クライマーにとってはこのステージが最後の総合争いのステージになります。

 

第21ステージ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/S/SuzuTamaki/20170522/20170522161516.jpg

ITT。最後まで下り基調のレイアウト。パワーの有るTTスペシャリストが有利そうなのが分かります。つまりデュムランがオランダ人としてジロ・デ・イタリア最多勝利(4勝)に列ぶステージとなります。

 

16ステージで、いきなりデュムランの”ギザギザ耐性”を試されることになります。もしここでタイムを失わければ、もうデュムランで決まりと言っても良いかもしれません。

 

総合争いがどうなるかまだまだ目が離せませんが、最終日でどうなるか

1.デュムランがマリア・ローザ

→ これは、もう決定パターンですね。ある意味一番おもしろくないパターンです。

 

2.キンタナが5分以上つけて、マリア・ローザ

→ さすがに5分差は厳しいでしょう。ただまだ逆転の可能性があるという分、楽しめます。

 

3.キンタナがデュムランに2分差でマリア・ローザ

→ これは丁度よいハンデですね。手に汗握って最終日が観戦できます。

 

4.キンタナがデュムランに2分差でマリア・ローザ、キンタナから1分差でニバリ。

→ 全イタリア国民が待ち望んでいるパターンでしょう。ある意味このパターンが一番おもしろいかもしれませんね。

 

さて、どうなるものか、楽しみにしてステージ16を迎えることとしましょう。

 

 

照ノ富士は横綱になりたくはないのか

4日目が終わり、照ノ富士は2勝2敗としている。

終盤に上位陣とあたるので、現在の星取りは「取りこぼしている」といっていい状況である。

相撲を見ていても膝の悪さが目につく。先場所の膝の調子より明らかに悪そうだ。このままでは8勝か9勝して終わるだろう。大関を守るという意味では十分だが、横綱を狙うには不十分である。

 

昔の人が言う、「出場しながら怪我は治す」というのは今はできないでしょう。昔と比べて力士の体型は大型化しており、ただでさえ膝や腰に負担がかかりやすいのに、相撲人気のおかげで巡業も増えている。そんな生活をしていれば治るわけがないです。昔の人の言うことの中には聞いてはいけないものもあります。

 

実力があるので、強引で膝に悪い相撲でもある程度は勝ててしまう。というところに休まない原因があるのでしょう。

2場所全休しても関脇までしか落ちない今の地位にある間に休むべきです。

琴奨菊のように、再昇進できる実力がないのであればしがみ付くのも選択肢ではありますが、照ノ富士横綱に昇進できる力もあるので治したほうが絶対に得だと思いますがどうでしょう。

 

ファンとして言わせてもらうのであれば

単に出場するだけではなく、強い照ノ富士の姿が見たい!

出場することは大関の努めではなく、強い姿を見せるのが大関の努めである。

「高座に出てくるだけで客は満足」という昔の落語家みたいなわけにはいかない。

我々ファンは、太った兄ちゃんが土の上で戯れる姿を見たいわけではない。

 

照ノ富士に聞いてみたいですね。「横綱になりたくないですか?」と。

 

もし、手術しても休んでも治らない怪我なのだとしたら?

相撲を変えるべきですね。腰高で受けて相手を抱えて足腰の強さで粘るという以前の取り口は今の膝の状態では無理。膝に優しい取り口に変えないと力士寿命が縮まるだけです。

 

お願いだから休んで怪我を治してください。

 

トム・デュムランはインデュラインに近づけるか

ステージ9、キンタナ(モビスター)のブロックハウスでの登坂力は「総合優勝は決まった」と思うほど圧倒的な強さを感じさせた。

 

しかし、ステージ10、デュムラン(サンウェブ)のTTを見て、またしても「総合優勝は決まった」と思ってしまった。

 

デュムランに対して30秒リードしていたキンタナが、逆に2分23秒差をつけられてしまったステージ10。2週目残り5ステージではそこまで大きく差が付きそうなステージはないので、遅れたとしても最低2分のリードは保てそう。

 

3週目は山だらけだが、最終日は30kmのITT。そこで1分リードを奪えそうなので、山の5ステージ分で3分のリードを守れればデュムランにもチャンスあり。むしろ、現在のデュムランの登坂力の強化っぷりを見れば、デュムラン有利にも見える。

 

マリア・ローザを着たので、ステージ11からは集団をコントロールする役割を課せられるサンウェブ。しかしアシストのメンバー的にその役割は十分に果たせるかどうかは微妙なところ。アシストを使い切った時に、モビスター勢が牙を剥いてくる。それに耐えられるかが総合争いのポイントだろう。

この構図で思い出したのが、ブエルタ・ア・エスパーニャ2015。登坂力に勝るファビオ・アルがアスタナのチーム力をもってして、アシストが尽きて孤軍奮闘するデュムランに襲いかかりマイヨ・ロホを奪い取ったシーンを思い出す。

 

(あの興奮を漏らさず伝える為の文章力を持っていないので、詳細は下記リンクでどうぞ。)

www.jsports.co.jp

2015年のデュムランは「インデュラインの再来か?」とまで言われていたことを思い出しましたが、その偉大なレジェンドに近づけば自ずとマイヨ・ローザも手に入れることができるでしょう。

 

「煙が目にしみる」 中条きよし

子供の頃、中条きよしさんを見て、「こんなカッコイイ大人になりたい!」と思っていました。端正な顔立ちだけでなく、なんとも言えない色気があり、いかにも「綺麗に遊んでいる大人」に見えました。

年齢だけは当時の中条さんを超えましたが、理想だった大人像には全く近づけず。「なりたい大人」にはなれませんでしたが、次は「なりたい老紳士」としての中条きよしさんを目指したいと思います。

 

そんな中条きよしさんの新曲が「煙が目にしみる」です。

 

ふっとため息 見上げた空に
ふっとふかした 今夜の煙草
やけに煙が 目にしみる

 

かつて愛した女性を思い出しながら煙草を吸う歌です。
煙が目にしみると言いながら、本当は思い出して泣いているのでしょう。

女性をさんざん泣かせてきた男が、逆に泣いている。なんとも中条さんが歌うと様になります。誰を思い出しているのでしょうか?「エプロン姿がよく似合うと悲しい嘘をついた」女性でしょうかね。

 

A.「熱い口づけをくれながら、冷たい嘘」をついていた女性と別れたが、実は愛していたことに気がついて、楽しかった時代を思い出して泣いている。

B.「女がほろりとくるような優しい嘘」を付いていた女性と一緒になったが、先に旅立たれ、楽しかった時代を思い出している。

 

どちらでしょうか。

女性はAの方が、復讐できた感があり良いのでしょうか。

男性は純愛っぽいBの方であって欲しいと思います。

何れにしてもじわじわくる良い歌です。

 

世の中年がしみじみ歌える歌ですので、大ヒットして欲しいものです。

 

SKYのツール・ド・フランスのメンバーを考える

 

ジロ・デ・イタリア2017、前半戦の山場だった、ブロックハウスのステージで総合が大きく動きました。

マリア・ローザ最有力候補だったナイロ・キンタナ(モビスター)が地力+調子の良さを見せつけて圧勝。

各チームのエースが、キンタナのペースアップについていけずに遅れていく姿は、山岳ステージでキンタナに勝てる選手はいないと思わせるほどの走りでした。

 

とはいっても、まだマリア・ローザの行方はわかりません。今年は個人タイムトライアル(ITT)が2ステージあり、合計70kmに及びます。TTが得意な選手はまだまだ逆転可能であり、そのためにも山岳ステージでのビハインドを最小限に抑えるようなレースをとってくるでしょう。もしかしたら、チーム連合でモビスターを押さえにかかる可能性もありますしね。

 

しかし、一つ誤算だったのはチームスカイ(SKY)でしょう。バイクを避けたサンウェブの選手に寄られて連鎖落車。それもダブルエース2人を含む5人位まとめて落車です。しかもそれが勝負どころの山岳で発生しました。挽回するのは難しく、第一エースのゲラント・トーマスが5分遅れ、第二エースのミケル・ランダは20分以上遅れて、もう勝負ありでしょう。

休息日明けのITTで挽回具合ではステージ優勝狙いに切り替えてくるかもしれません。

 

となると、SKYに対して興味はジロの総合ではなく、その先に移ります。

 

ツール・ド・フランスのメンバーはどうなるのか?

 

元々、ジロ・デ・イタリアが100回記念ということもあり、例年ツール・ド・フランスに向けていた戦力をジロ・デ・イタリアに割いてきた感じもあります。ツール・ド・フランスのメンバーがどうなるのか心配なくらいでした。SKYならフルームの3連覇。通算4勝目を目指すために、グランツールのジロといえど諦めるような割り切りをしてくるチームだと思っています。

つまり、ジロメンバーには楽をさせて、ツールに備えてもらう。特にキリエンカあたりはある程度の山岳も平坦もTTTもこなせるマルチプレイヤーなので、ぜひともメンバーに加えたいところ。

 

1.フルーム

2.ワウト・ポエルス(山岳アシスト)

3.セルジオ・ルイス・エナオモントーヤ(山岳アシスト)

4.ミケル・ニエベ(山岳アシスト)

5.ミケル・ランダ(山岳アシスト)

6.ヴァシル・キリエンカ(平坦・山岳アシスト)

7.(平坦アシスト)

8.(平坦アシスト)

 

ゲラント・トーマスはアシストではなくエースとして使ったほうが良い気がするので外し。

ミケル・ランダは波があるので怖いですが、ハマれば超強力アシストになるので入れておきます。

ディエゴローザ・エリッソンド当たりをどうするかは不明ですが、山岳アシストばかりだと落車や横風で遅れた場合に挽回するのが難しくなるので平坦アシストも入れたいところ。イアン・スタナードやプッチョあたりでしょうか。

ツール・ド・フランスの参加選手人数の一人減ったので、ヴィヴィアーニには今年も我慢してもらいましょう。

 

もし、ステージ10のITTでキンタナがバッドデイだった場合、復活の目も出てくるのでまだどうなるかわかりませんけどね。

 

 

ジロ・デ・イタリア ステージ4~7 振り返り

ジロ・デ・イタリア100回目のレースが開催中です。

JSportsで中継していた去年より、DAZNで中継している今年の方が中継時間が長いのは気のせいでしょうか。

時差の関係で日本では夜8時台から放送なので、仕事から帰ってからライブで楽しんでいますが、ある意味日中に行われている現地より、仕事から解放された後にゆっくりロードレースを観戦できるという点では贅沢なのかもしれません。(解放されれば、ですけどね。。)

一つデメリットは寝不足になるということでしょうか。12時台に終了すればなんとかライブで見続けられますが。翌日の仕事を考えて「残り20kmを残して寝る」なんて精神的に悪そうな事をしながら毎日続けています。

 

そのジロ・デ・イタリアもステージ7まで終了。三分の一が終了しましたが、まだ本格山岳コースが少なかったということもあり、各チームのエースがまだ探り合い状態のまま推移しています。これから更に面白くなるはずなので、楽しみですね。

 

一応、ここまでのステージを振り返ってみます。

ステージ4

今年のジロで初めての山頂ゴール。

「4日目が終われば、存在感を見せられている結果になると思う(by キンタナ)」

「次の日のゴールである故郷メッシーナにはピンクジャージを着て帰りたい(by ニバリ)」

「アッタクする準備はできている(by TJ・ヴァンガーデレン)」

 

総合争いが繰り広げられると見られていたエトナ山でしたが、終わってみれば誰も動かず。まだ序盤ということもあり、疲労を溜めたくないのもわかりますが、あまりにも動きませんでしたね。

結果的にポランツェが逃げ切りゴール。いくら総合勢が動かなかったとは言え、ポランツェの脚色が最後まで鈍らなかったのは凄かったですね。

ポランツェは2015年ジロの初めての山頂ゴール以来のジロ2勝目。力のある選手なんですね。
 

ステージ5

平坦ステージをガヴィリア(クイックステップ)がスプリントを制しました。

いつもはゴールの瞬間に手首にキスをしますが、今回のジロではまだ見せていません。

チームに守ってもらっていると感謝して個人プレーは謹んでいるのかもしれません。個人的には見たいですけどね。スプリンターはヤンチャな方が見ていて楽しいです(カヴェンディッシュやブアニとか。。)

ガヴィリアはこれでジロ2勝目。ロードレース選手名鑑によると、

脳内計画では『初日スプリントで勝利してマリアローザを着て、恋人の誕生日であるステージ8を勝利して2勝目をあげる』

とありました。初日勝利はなりませんでしたが、マリア・ローザは着用し、早くもこれでステージ2勝目。脳内計画を上回る程調子が良いということですね。キッテルがジロを回避したのも納得の強さです。

 

ステージ6

このステージも逃げ切りで決まりました。登りフィニッシュということでスプリンターも興味を示さず。差がつくほどの登りではないということで総合勢も興味なし。

結果的に前を残してしまいました。

かといって前が楽をしたわけではなく、クラシックのようなアップダウンが続くコースで、熾烈な消耗戦が繰り広げられていました。

最後まで争ったのが、赤と黒の同じようなジャージを着るストゥイヴェン(トレック)とディリエ(BMC)でした。

ストゥイヴェンはジュニア版世界選手権とルーベを制し、「今年クラシックで来年モニュメント」と言われる程期待されている選手。一方のディリエは”カンチェラーラ2世”と言われる大器。いわば将来の大物クラシックハンター候補による争いでした。

 

スプリントでは分があると思われたストゥイヴェン。

勝てば得られるマリア・チクラミーノの為にも、ストゥイヴェンの為に鬼引きして沈んでいったペデルセンの為にも勝ちたかった。

しかし届かなかった。

負けた瞬間、そんな悔しさを込めてハンドルを叩いたストゥイヴェン。一方そんなストゥイヴェンに勝った喜びを爆発させたディリエ。

同じ時間で走り、同じだけ体力を使い、同じだけ最後まで絞り出した結果でもはっきりとした明暗。観戦する側としてはこれほど残酷で楽しいレースはないです。

最後のスプリントで2人がシンクロするかのように動きが同期している様子が、互角の勝負だった事を表しています。何回も繰り返し見てしまいました。

www.youtube.com

ステージ7

平坦ステージでスプリント勝負。ただ、ゴール前に至るまでのコーナーがかなり多くて狭かったため十分なトレインスプリントにはならず。

結果はカレイブ・ユアン(オリカ)がガヴィリア(クイックステップ)を下しジロ初勝利。

初日から調子は良さそうでしたが、不運が続き勝利できないステージが続いたため、これで鬱憤を晴らせたでしょう。

カヴィリアは進路が無く踏み遅れましたがそれでも隙間を縫って2着。やはり力があります。「完走したい」と言っているのでこのままマリア・チクラミーノ着用して欲しいですね。

 

個々数日は、ステージ3まで目立っていたディメンション・データ勢が鳴りを潜めています。もう疲れたのでしょうか。総合・スプリントともにエースが居ないアスタナとともにレースをかき回してほしいものです。

 

まだまだジロ・デ・イタリアは続きます。日曜日は山頂ゴールもあります。今度こそ総合勢が動き出すだろうと楽しみに待っています。

 

スヌーカー World Championship2017

日本では、ロードレースよりファンが少ないと思われるスヌーカー

そのスヌーカーの2017年世界選手権がDAZNで配信されています。

以前、JSportsで「プレミア・スヌーカー・リーグ」という番組がありましたが、配信されなくなって、はや10年以上。スヌーカー難民となっていたファンにとっては非常に有り難いです。

実況はプレミア・スヌーカー・リーグと同じ「吉田暁央」さん。解説の福田豊さんはいませんが、それでも日本国内のスヌーカーファンにとっては嬉しいでしょう。今まではyoutubeで探すしかなかったので。

 

スヌーカーのルールを簡単に。

15個の赤玉と6つのカラーボールを配置します。

まず赤玉をポケットしてからカラーボールをポケットします。赤玉が残っているうちはカラーボールはポケットしても元の場所に戻されます。

これを繰り返していき、赤玉を全てポケットした後で、カラーボールを決められた順番で全てポケットするとゲーム終了です。ポケットできなかったり違う玉に当たったりすると相手の番になります。最終的に点数が多かった方の勝ちです。

因みに最高点は147点で、これを達成することを”147”(ワンフォーセブン)と呼び、偉業と讃えられます。

スヌーカーはビリアードに比べてポケットするのが非常に難しいと言われます。なので自分がポケットできないと判断した場合は、「相手にもポケットさせないような難しい配置で残す」という事が求められます。この相手が嫌がるような配置にする攻防が見どころの一つでもありますね。

 

スヌーカー観戦の魅力ですが、私の拙い表現では到底伝わりませんので、実際に確認して頂いたほうがよいでしょう。

最短時間での”147”達成ゲーム。ロニー・オサリバン 1997年

www.youtube.com

「あまりに簡単にポケットするので、スヌーカーが簡単だと思われてしまう可能性がある」という意味では、スヌーカーの魅力を十分に伝えられない動画ではありますが、実際は驚異的な偉業です。

 

2016- 2017シーズンは終わってしまいましたが、もっと別の大会も配信してほしいですね。