垂れ流し日記

その日に起きた出来事の感想をそのまま書く垂れ流し日記

チーム・スカイ 1%の積み重ね

www.lifehacker.jp チームスカイの「1%の積み重ね」というのは有名な話だ。 その結果が、フルームのツール4勝という結果であり、オリンピックの自転車トラック競技における、イギリスチームの金メダル量産である。 気付かない程度の「1%の改善」が、やがて…

牛すじカレーごはん@秋葉原・ブラウニー

近くのカレー屋に行ってきた。「秋葉原 カレー」と調べると出て来る有名店。メニューを見る限り、正確には「牛すじ丼」の店のような感じ。牛すじカレーごはん 750円店はカウンターのみ、8席ほど。入りやすいかと言われれば、こじんまりとした区画に扉が閉ま…

小さな決断

ほとんどの人間はクリエイティブな作業を得意としない。よく言われるのは、「1のものを100にすることはそれほど難しくないが、0から1を生み出すことは非常に難しい。」系な言葉。ビジネスで「0から1を生み出す」のは億万長者になる事とほぼ同義であり、その…

馬券終活

最近、馬券が全く的中しない。あまりにも当たらないので、馬券購入をやめても良いと思えるほどだ。競馬を始めてから20年以上経過するが、こんな気持になったのは初めてだ。なら、「やめれば」という意見もあるだろうが、もう少し足掻いてみようと思う。「黙…

新日本プロレスの今後

夏の風物詩、G1クライマックスが幕を閉じた。 今年も激しい熱戦が繰り広げられ、個人的には満足な結果であったが、その一方で「このままで良いのか?」という心配もある。 それは、「技の過激化」である。 ビッグマッチなので、普段のシリーズより技が過激に…

ロードレース選手の移籍情報の調べ方

そろそろ来年の移籍情報がポロポロと出てきている。ビッグネームであれば、ニュースになるのでわかりやすいが、ビッグネーム以外はこまめに調べるしかない。チームサイトに表示されていれば一番よいのが、意外に更新がズボラなチームもあるからね。なので、…

ブエルタ・ア・エスパーニャ2017の準備

・ツールまでに仕事を片付けようと無理な働き方をする。・ツール期間中は、深夜までTV前で観戦し寝不足になる。・ツール後は、溜まった仕事を片付けるために無理な働き方をする。明らかに無理がたたっているが、本格的な夏日が続く今の気候ではなかなか疲れ…

ベンガル 秋葉原

「秋葉原を散歩」というと、オタク(死後?)とか思われる可能性もある。どちらかというとネガティブなイメージが強いかもしれないが、職場が近いので結構な頻度で「秋葉原を散歩」している。昼飯のために「ベンガル@秋葉原」を訪問「秋葉原 カレー」と検索…

無駄な会議について

09:00~13:00 案件A 打合せ13:30~14:30 社内管理ルール 打合せ14:00~16:00 社内定期発表会(途中参加)17:00~18:00 案件B 打合せ18:30~20:00 案件C 打合せ20:00~20:30 案件相談 1日に会議が6件。さすがに多すぎる。深夜残業大好き人間であれば、21時頃…

ボンディ 神保町

2代目広沢虎造の浪曲で有名になった「神田の生まれよ!」というフレーズ。地方生まれの私にとっては、そんなに「神田生まれ」が誇らしいのかとピンと来なかったが、今や神田で働いている。働いてみて初めて気がついたのが、意外と"神田"は広いということ。…

準備の大切さについて

「台風が近づいているので、関東でも夜に雨が降ります。」 この天気予報を信じて大きい傘を持って家をでる。 30℃を超える晴天の下、紺色の雨傘を持つサラリーマン。 私だけでなく、同じような人もチラホラ。 しかし、思ったより大きな傘を持つ人は少ない。折…

池田輝郎 「高山本線」

池田輝郎 御年 64才 職業演歌歌手。 と言っても、芸歴50年とかのベテランではなく、今年でデビュー10周年の「若手歌手」という扱いになります。 温泉の浴場で民謡を唄っていたところを、脱衣場にいた水森英夫先生に気に入られた事がきっかけでデビューしたと…

ツール・ド・フランス 最も印象に残った選手は誰か

ツールが終了して、はや一週間。 あの熱気や興奮も徐々に収まってきた今日このごろ。 今の関心事はブエルタやそれに向けての前哨戦レースまたは、選手の移籍情報になっていますが、一応自分の中の”まとめ”を残しておこうと思います。来年のツール前に読み返…

別れの夜明け@真田ナオキ

今までは北島三郎門下以外ではほとんど聞かなかったのですが、”演歌歌手の弟子”という肩書を持つ演歌歌手が最近増えているような気がします。 具体的には 山本譲二の弟子、パク・ジュニョン 2012年デビュー 細川たかしの弟子、杜このみ 2013年デビュー 吉幾…

照ノ富士の休場について

照ノ富士が休場しました。 稀勢の里も休場しました。 鶴竜も休場しました。 何れも怪我の状態が思わしくなく、本来の相撲がとれない状況だったため、仕方がないと思っています。 我々ファンは「本来の相撲が取れないのであれば、万全に治るまで休んで出直せ…

今年のツールは面白かったのか

ステージ18では、ワレン・バルギル(サンウェブ)がイゾアールを制し。 ステージ19では、ボアッソンハーゲン(DDD)が待望の初勝利を挙げました。 ステージ20はITT。 最終ステージのシャンゼリゼでは総合争いはしないことが例年の流れとなっています。 つま…

このツール・ド・フランスで輝いているチーム・選手

東京には荒川CRというローディ達が集まるサイクリングロードがある。下流から30~40kmに渡り広い道幅の舗装路が続き、彩湖というトレーニング可能な場所もある。マナーの是非はあるだろうが、ある程度のスピードでローディ達が日々トレーニングに励んでいる…

サガンが居なくてもツールは続く

ツール・ド・フランス2017もはや、7ステージが終わりました。 200kmを超える平坦ステージが多く、どうしてもゴール前までは退屈な展開が多いですが、スプリンター達にとっては山岳ステージが始まる前の稼ぎどころなので緊張の続く一週間だったことでしょう。…

アスタナはどこまでやれるのか

Wikiによると、アスタナ・プロチームはカザフスタンの英雄だったヴィノクロフ(大佐)を支援するために、カザフスタン政府が出資して設立されたチームとのこと。 2007年の発足以降、主な成績は下記。 2008年 ジロ・デ・イタリア 総合優勝 アルベルト・コンタ…

クリストフ移籍問題

待ちに待ったツール・ド・フランスも2ステージが終了。 残り19ステージとなりましたね。しかしこれもあっという間に終わるんでしょう。 毎日楽しみながら見ることにします。 本日のステージ3は登りスプリントということもあり、ステージ2の勝者キッテル…

ツール・ド・フランスを彩るナショナルジャージ

ツール・ド・フランスは世界最高峰の自転車レースであり、当然出場する選手も一流選手ばかりです。 その中でも更に特別な選手がいます。それがナショナルチャンピオンジャージを着ている選手です。 自国の国内選手権を制した選手であり、チームジャージに国…

ツール・ド・フランス2017 ドイツ関連プレビュー

今年のツール・ド・フランスは30年ぶりにドイツ開幕を迎えます。 やはり地元に関連のあるチームや選手が燃えているでしょう。 ドイツチームという意味では、チーム・サンウェブとボーラ・ハンスグローエがドイツ籍のチームになります。 奇しくもマイケル・マ…

ツール・ド・フランス観戦準備

ツール・ド・フランスまであと1週間。 2017/7/1より3週間に渡る闘いが始まります。 そんなツール・ド・フランスをより楽しむために、事前に学習をしておきましょう。 1.ツール・ド・フランスとは 毎年7月に行われる、ロードレース界の年間最大レースで…

ツール・ド・スイス2017 振り返り

第4のグランツールとも呼ばれる「ツール・ド・スイス」 JSportsでも放映しない、DAZNでも放映しない、海外の配信でも見られない(もっとさがせば見つかったのかもしれませんが)ということで、翌日にyotubeで後半30kmを確認するという程度しか見ていません。…

クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ 振り返り

「ツール・ド・フランスの前哨戦」という位置づけのこのレース ここを制した選手がツール・ド・フランスをも制すと言っても過言ではありません。 今年も例年通り、激闘が繰り広げられました。 その、8日間の闘いを経て、今年の激闘を制した選手は ヤコブ・…

ツール・ド・スイス2017 展望

「ツール・ド・フランスの前哨戦」との意味合いが強い、クリテリウム・ドゥ・ドーフィネも、山場を超えて、リッチーポートの絶好調ぶりを確認する結果となりました。 そしてすぐに、「もう一つのグランツール」とも呼ばれるツール・ド・スイスが始まります。…

照ノ富士インタビュー

私は照ノ富士のファンである。 膝を怪我して以降、安定した成績を残せていなかったが、3月場所は13勝2敗、5月場所は12勝3敗とマズマズの成績を残した。 本来、横綱になれる実力があると信じているので、この成績で満足はできないが、怪我の状態が良くない事…

ハンマーシリーズ 振り返り

新しいロードレースのあり方を探るべく発足した自転車シリーズ。ハンマーシリーズ。 その名の通り、これからシリーズ化される予定ですが、その第一弾である「スポートゾーン・リンブルフ」が開催されました。 細かい説明は下記ページを参照 www.jsports.co.j…

デュムランは今後もグランツールは勝てるのか

ジロ・デ・イタリア100回記念大会はトム・デュムラン(サンウェブ)の優勝で幕を閉じた。 誰もがデュムランを応援していたような気がする。 それは「気が優しくて力持ち」というイメージがあるデュムランに対し、無表情でアタックを繰り返すクライムマシーン…

ピエール・ローラン、ティージェイに続くのは・・

ジロ・デ・イタリア ステージ17 勝者:ピエール・ローラン(キャノンデール) ジロ・デ・イタリア ステージ18 勝者:ティージェイ・ヴァンガーデレン(BMC) かつて、「未来のエース」と呼ばれるものの、その後全く結果が出ていなかった二人が、ジロ・デ・イ…

ワールドチームが乗るバイクの個人的イメージ

ロードレースを見ていると、自転車に乗りたくなります。どうせ乗るなら、レースでカッコ良い姿を見せていた選手と同じバイクに乗りたいです。当然バイクメーカーはそうなる事を期待して、チームに対してバイク提供を行っているのでしょう。チームの成績にど…

ジロ・デ・イタリア 3週目

ジロ・デ・イタリア2017も最後の休息日を迎え、残るところあと1週間となりました。 連日寝不足になりながらも楽しんでいますが、それも後6ステージで終わってしまいます。 www.cyclingnews.com 現時点では、最終日のITTを考慮するとデュムランが大分有利な状…

照ノ富士は横綱になりたくはないのか

4日目が終わり、照ノ富士は2勝2敗としている。 終盤に上位陣とあたるので、現在の星取りは「取りこぼしている」といっていい状況である。 相撲を見ていても膝の悪さが目につく。先場所の膝の調子より明らかに悪そうだ。このままでは8勝か9勝して終わるだろう…

トム・デュムランはインデュラインに近づけるか

ステージ9、キンタナ(モビスター)のブロックハウスでの登坂力は「総合優勝は決まった」と思うほど圧倒的な強さを感じさせた。 しかし、ステージ10、デュムラン(サンウェブ)のTTを見て、またしても「総合優勝は決まった」と思ってしまった。 デュムランに…

「煙が目にしみる」 中条きよし

子供の頃、中条きよしさんを見て、「こんなカッコイイ大人になりたい!」と思っていました。端正な顔立ちだけでなく、なんとも言えない色気があり、いかにも「綺麗に遊んでいる大人」に見えました。 年齢だけは当時の中条さんを超えましたが、理想だった大人…

SKYのツール・ド・フランスのメンバーを考える

ジロ・デ・イタリア2017、前半戦の山場だった、ブロックハウスのステージで総合が大きく動きました。 マリア・ローザ最有力候補だったナイロ・キンタナ(モビスター)が地力+調子の良さを見せつけて圧勝。 各チームのエースが、キンタナのペースアップにつ…

ジロ・デ・イタリア ステージ4~7 振り返り

ジロ・デ・イタリア100回目のレースが開催中です。 JSportsで中継していた去年より、DAZNで中継している今年の方が中継時間が長いのは気のせいでしょうか。 時差の関係で日本では夜8時台から放送なので、仕事から帰ってからライブで楽しんでいますが、ある…

スヌーカー World Championship2017

日本では、ロードレースよりファンが少ないと思われるスヌーカー。 そのスヌーカーの2017年世界選手権がDAZNで配信されています。 以前、JSportsで「プレミア・スヌーカー・リーグ」という番組がありましたが、配信されなくなって、はや10年以上。スヌーカー…

大相撲5月場所 見どころ

5月14日から大相撲5月場所が始まります。 先場所同様盛り上がって欲しいものです。 個人的な注目力士を上げておきます。 1.高安 大関獲り場所です。10勝以上で昇進ができるでしょう。最近の成績からすると10勝以上は堅いと思われますが、気分屋の面もあり…

DAZN ロードレース中継

3大ステージレースの一つである、ジロ・デ・イタリア。 去年まではJSportsで中継されていましたが、今年からDAZNが放映権を獲得し、配信しています。 今までのDAZNのロードレース中継は公式映像(英語版)を垂れ流すだけでしたが、ジロ・デ・イタリアでは日…

ジロ・デ・イタリア ステージ1~3 振り返り

記念すべき、ジロ・デ・イタリア100回目のレースが開幕しました。 大会前に不運なニュースが色々流れましたが、始まってしまえば現在の100%を出し切るだけ。3ステージまで終了しましたが、既に面白い展開になっています。 まず各ステージの勝者から ステー…

稽古総見 in 両国国技館

headlines.yahoo.co.jp 5月場所恒例の稽古総見。両国国技館で無料公開ということもあり、毎年大勢の相撲ファンが集まります。 稽古総見という名前のとおり、力士が稽古する姿を「横綱審議委員会が全員で見る」という集まりです。「稽古を見せる」ための行事…

「蛇の目小紋の女」 永井みゆき キャンペーン in 葛西

昔、”歌うヘッドライト”というラジオ番組を聞いていました。 永井みゆきさんというパーソナリティが登場した時に、その可愛らしい声から「どんな顔をしているのだろう。きっと美人に違いない」と想像していたものです。 月日が流れて私は上京し、キャンペー…

ジロ・デ・イタリア 2017 注目チーム

いよいよ、5月5日にジロ・デ・イタリア2017が開幕します。 100回記念大会ということで、今年は例年以上に各チーム力が入っているようです。 エースであるファビオ・アルがスタート地点の生まれということもあり、「ツール・ド・フランスよりジロ・デ・イタリ…

「終の恋歌」 山口ひろみ キャンペーン in 葛西

晴天に恵まれた4月最後の日曜日。 こんな日は自転車で遠出をすると気分が晴れます。 ということで、少し離れたイオン葛西店での演歌キャンペーンを見に行くことに。 13:00~は山口ひろみさん、15:00~は永井みゆきさんというスケジュール。 このイオン葛西店…

水森かおり 「早鞆ノ瀬戸(はやとものせと)」 予約会 in 亀戸 天盛堂

演歌のキャンペーンの一つに"新曲予約会"というものがあります。 歌唱はしないものの、歌手本人が来て、「予約した方には、握手や写真撮影などの特典を付ける」というやつです。 折角歌手本人が来店しているのだから、演歌ファンとしては歌って欲しいのが本…

ファビオ・フェリーネの脚質は?

www.cyclowired.jp ツール・ド・ロマンディが開幕しました。 ツールドフランスのステップレースとして参加している選手が多いです。 初日はプロローグとして4.9kmと短距離のITT。コースも狭く、コーナーもあり、しかも雨で地面が濡れているというテクニカル…

ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム 今年も開催決定

www.cyclowired.jp 2013年から始まった、「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」。 その年のツール・ド・フランスでリーダージャージを着た上位メンバーが集まるということで、豪華な選手が来日します。特に去年は、マイヨ・ジョーヌ(クリス・フルー…

両国国技館での観戦場所について

news.biglobe.ne.jp 大相撲5月場所のチケットは「発売した瞬間に売り切れた!」と報道されましたが、お茶屋さんが扱う前の方の上等な枡席はインターネット購入ができないので、まだ残っている(正確には高く売るために残している)という記事です。一部の超…

船村徹最後の弟子 村木弾 キャンペーン in 亀戸

どんなことでも最初と最後は特別です。それが、歴史に名を残す事に関することであればなおさら。昭和の歌謡史にその名を残す、「船村徹」「船村徹」といえば、美空ひばり、ちあきなおみ、村田英雄など昭和の大スターに大ヒット曲を提供するだけでなく、北島…