垂れ流し日記

その日に起きた出来事の感想をそのまま書く垂れ流し日記

大相撲3月場所 5日目

大相撲3月場所も5日目が終わり、前半戦終了。

白鵬が休場する展開は予想していなかったですが、新横綱稀勢の里にとっては、先場所に引き続き有り難い展開でしょう。今までの稀勢の里であれば油断していたところでしょうが、新生稀勢の里はどうでしょうか。引き続き面白い展開を期待します。

 

5日目の注目取組を振り返ります。

 

遠藤 vs 逸ノ城

地味に逸ノ城の状態が良さそうです。体重も絞れて動きがよく見えます。新入幕の際に暴れまくった怪物なだけに、当時の勢いを取り戻してほしいものです。

逸ノ城は私が期待すると負けますね。あの怪物感をもう一度見たいのですが。

 

 

正代 vs 高安

大型対決。高安の粘り腰が本物かどうか確認できます。体格差で押しきれない相手ですからね。

 粘り腰ところか、凄まじい立ち合いで正代を圧倒。これが安定して出せれば来場所は大関取りでしょう。それにしても凄かった。

 

 

貴ノ岩 vs 照ノ富士

強い照ノ富士が帰ってきたと思えば、これからは横綱に向かって一直線なので、一番たりとも目が離せません。

 今場所はとにかく低く当たることに集中しているようです。貴ノ岩は相手では無かったです。

 

豪栄道 vs 豪風

「豪豪対決」と文字にすると激しい取組に見えますが、多分静かに終わりそうな気もします。

 豪栄道は早くも4敗目。来場所はカド番でしょうかね。0大関時代がやってくるかも。

 

 

 

勢 vs 稀勢の里

右が入れば横綱にも通用することを証明した勢。安定してそれができるか確認するという意味では、稀勢の里など丁度よい相手でしょう。

 稀勢の里の相撲は厳しいですね。本当に生まれ変わったのかも。

 

5戦全勝が5人。横綱が早々と崩れたので混戦ですが、勝ちっぱなしのうち、稀勢の里・高安・照ノ富士が絶好調であり、横綱が安泰だったとしてもうかうかしていられないほどの強さを見せつけています。

 

個人的な、6日目の注目取組です。

宝富士 vs 稀勢の里

5戦全勝対決です。対戦成績では分が悪いですが、宝富士としては簡単に負けたくないところでしょう。

 

高安 vs 照ノ富士

こちらも5戦全勝対決。今場所特に強さを見せつけている二人の取組です。これから角界を率いていくであろう若い二人の対決です。6日目はこれだけ見ればよいと思うほど注目の取組です。勝ったほうが優勝してもおかしくないほどふたりとも絶好調です。照ノ富士に勝ってほしいなぁ。

 

5人の全勝力士のうち、二人が激突します。楽しみな気持ち半分、もったいないという気持ち半分ですね。

さて、どうなることやら。