読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

垂れ流し日記

その日に起きた出来事の感想をそのまま書く垂れ流し日記

大相撲2017年3月場所 7日目

3月場所が始まって、早くも一週間が経ちました。これから優勝争いに向けてますますおもしろくなりますね。

 

7日目の注目取組として挙げた取組を振り返ります。

 

照ノ富士 vs 豪風

高安に遅れをとったとはいえ、まだ気を緩める段階ではないです。優勝争いにまだ残っているので引き続き頑張って欲しいです。立ち合い低く当たれば負ける相手ではないでしょう。

 個人的に現在一番好きな力士である照ノ富士。今日は左を張って当たりました。その後左がすぐに入ったので問題ありませんでしたが、前まわし狙いでも良かったのでは?と思います。なんにせよ、高安に負けたショックの悪い方への影響はあまりなさそうです。寧ろ悔しいのかもしれません。豪風に対して、八つ当たりのような吊り出しを仕掛けていましたからね。この気の強さが魅力なので、大丈夫でしょう。

 

琴奨菊 vs 松鳳山

10勝して大関復帰を目指す琴奨菊横綱の不調があったとはいえ、上位陣とあたった前半戦をこの成績で折り返したのは本人にとっても満足できるのではないでしょうか。これから相手が弱くなっていきますが、まだ気を緩めるのはまだ早い。稀勢の里照ノ富士も残っているのでここは勝たないとやばいですね。個人的には10勝は難しいと思っていますが。

琴奨菊が勝って、5勝2敗。10勝が見えてきた感じですね。別に応援はしていませんが。

 

貴景勝 vs 宇良

入門時から色々と話題の宇良。小兵と呼ばれているが、幕内下位にそこまでの大型力士はいない。番付的近い大型力士は輝・栃ノ心・隠岐の海くらい。つまり十両の延長戦のイメージ。そんな地位で現在3勝3敗という成績はこんなものかもしれない。しばらくはこのあたりの対戦相手に確実に勝てるようにする必要がある。7日目は「ザ・幕内下位」のような低身長アンコ型の貴景勝。貴景勝自身はまだまだこれから上を目指す立場だが、この体型の力士の攻略法を見つけてほしいものである。ちなみに木瀬部屋は「とりあえず太らせる」という部屋だが、その方法をとるのは勘弁して欲しいものである。

 宇良は「後10kg増やしたい」と思っているそうですが、それだとアンコ型力士と同じになるので没個性ですね。それを聞いて興味がなくなりました。木瀬部屋はとにかく太らせようとしますね。多分行き着く先は良くて豊ノ島、悪いと徳勝龍かな。

 

全勝だった栃煌山隠岐の海にあっさり負けて1敗に。

田子ノ浦コンビは両方共勝って全勝キープ。この二人は今日も凄かった。真正面からぶつかるタイプ相手だと、今のところ負けるイメージが浮かびません。負けるとすると、動きの早い力士相手に撹乱されたときかもしれないですね。日馬富士とか嘉風とか。

誰に負けるかは、それは今後のお楽しみということで。

 

8日目の注目取組を挙げておきます

御嶽海 vs 照ノ富士

圧力がある御嶽海なので、変な立合いをすると押される可能性があります。低く丁寧に当たって欲しいですね。捕まえれば負けないので。

 

勢 vs 高安

今日も高安の当たりは強烈でした。誰が高安を止めるのでしょう。勢は体もあるので、右が入れば面白そうですが、今場所はまだ誰もそこまでたどり着けていません。

 

千代翔馬 vs 宝富士

派手な強さこそないもののジワジワ相手を追い詰めていく宝富士の取り口が好きです。今日は不甲斐なく負けた宝富士でしたが、まだ2敗。ギリギリ優勝争いに残っているので勝ってほしいですね。

 

明日で中日。早くも優勝争いは絞られてきています。ただ、このまま終わるのではなく、モンゴル人横綱の意地も見せてほしいものです。

 

さて、どうなることやら。