垂れ流し日記

その日に起きた出来事の感想をそのまま書く垂れ流し日記

アスタナの今期初勝利はいつなのか

www.cyclowired.jp

私のお気に入り、ファビオ・アルが膝の怪我でジロ・デ・イタリアを回避。
100回目の記念大会で、かつ故郷からのスタートということで、去年からかなり気合が入っていましたが、直前でキャンセルということに。
残念ですが仕方ないです。1ヶ月程で完治すればまだツール・ド・フランスには間に合うと思うので、しっかり休んでほしいですね。

しかしそんな悠長な事を言ってられないのがアスタナ。
カザフスタン独立25周年、チーム結成10周年の年とあって、かなり気合が入っていたはずなのに今年はまだ勝利なし。
グランツール総合優勝7回を誇る名門チームが苦しんでいます。
総合系に強く、ワンデーなどは不得意としていた印象ですが、ここまで成績が残っていないのは不思議なものです。
なにがあったのでしょう。

因みに2016年の今頃は15勝
アンドレア・グァルディーニ 4勝 → UAEへ移籍
ミケル・アンヘル・ロペス 2勝 →在籍。怪我で療養中
アンドリー・グリフコ 2勝 → 在籍
L・L・サンチェス 2勝 → 在籍
ヴィンチェンツォ・ニーバリ 2勝 → バーレーンメリダへ移籍
アレクシー・ルチェンコ 1勝 → 在籍
ウエストラ 1勝 → 引退
ディエゴ・ローザ 1勝 → SKYへ移籍

2016年はかなり好調だったようですが、15勝のうち、8勝した選手は移籍と引退。
残り7勝のうち、2勝していたミケル・アンヘル・ロペスは怪我で休養中。(もうすぐ帰ってくるようですが)

2015年は7勝(ランダ1勝、グァルディーニ5勝、タラマエ1勝)
2014年は3勝(グァルディーニ2勝)
    
毎年、この時期に荒稼ぎしていたグァルディーニが移籍した事を考えると、今の時点で未勝利でもそこまでおかしくない感じです。
得意のグランツールが始まれば暴れまくってくれるんでしょうが、やはり早く今年初勝利が欲しいでしょう。

では誰が初勝利を上げるのか?と考えてみます。
アスタナのベテラン勢は毎年同じような調整をしているはずなので、急に勝つことはないはず。
となると、別チームから移籍してきた新勢力でモチベーションの高い選手の方が期待できるようでしょう。では、そのような選手はいるのか?

一人います。その男の名は。

ミケル・ヴァルグレン(25才)

去年までティンコフに在籍。
チーム解散のため就活をしていた時、本当はSKYに行きたかったらしいのですが、「アルデンヌクラシックのエースを任せる!」と口説かれてアスタナを選択。
本人も過去のインタビューで「目標はリエージュアムステルゴールドレース」と言っていたことから、アルデンヌクラシックにかなりの意欲がありそう。
移籍してのアピールするためにも、チームの雰囲気を変えるため、そして自身の夢のためにも頑張るに違いありません。
そのアムステルゴールドレースが今週末に開催。ヴァルグレンももちろん出場します。(ゼッケンは1番ではないですが)

今期絶好調のジルベールバルベルデ、ヴァン・アーベルマートらが出場するので、気持ちだけで勝てるものではありませんが、注目してみても面白いかもしれません。