読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

垂れ流し日記

その日に起きた出来事の感想をそのまま書く垂れ流し日記

ファビオ・フェリーネの脚質は?

www.cyclowired.jp

ツール・ド・ロマンディが開幕しました。

ツールドフランスのステップレースとして参加している選手が多いです。

初日はプロローグとして4.9kmと短距離のITT。コースも狭く、コーナーもあり、しかも雨で地面が濡れているというテクニカルなステージでした。

優勝は”トレックの謎職人”のファビオ・フェリーネ。スプリンターのはずですが、本格山岳コースで健闘したり、脚質的には謎な部分があります。

「あくまでプロローグ」、「総合上位勢は無理をしない」という背景はあるものの、他に上位に食い込んだ選手はTT得意な若手がほとんどであり、決してラッキーな優勝という感じでもなく力でもぎ取った勝利でしょう。

 

ここまで来ると、「スプリンターが山岳やTTで頑張っている」という見方ではなく、もはやオールラウンダーなのでしょう。イメージとしてはサガンとバルデルデの中間くらい。そう思ってみれば今までの結果にも納得がいきます。

1990年生まれとまだまだ伸びしろもありそうです。スプリンター寄りのオールラウンダーとして成長するかもしれません。イメージとしてはだれでしょうか?パッとは思い浮かびませんが。

 

「ファイオ・フェリーネはオールラウンダー」と思うと、このツール・ド・ノルマンディでどこまで出来るか興味が出てきます。メンバー的にビックネームもいますが、あくまでツール・ド・フランスの調整目的ですし、チームのエースはパンタノですが、特にフェリーネが献身的にアシストをする必要ないでしょうし。もしかすると総合10位以内もあるかもしれません。

プロローグ優勝でリーダージャージを来てステージ1に臨みますが、案外そのまま持っていたりするかもしれませんね。