垂れ流し日記

その日に起きた出来事の感想をそのまま書く垂れ流し日記

「煙が目にしみる」 中条きよし

子供の頃、中条きよしさんを見て、「こんなカッコイイ大人になりたい!」と思っていました。端正な顔立ちだけでなく、なんとも言えない色気があり、いかにも「綺麗に遊んでいる大人」に見えました。

年齢だけは当時の中条さんを超えましたが、理想だった大人像には全く近づけず。「なりたい大人」にはなれませんでしたが、次は「なりたい老紳士」としての中条きよしさんを目指したいと思います。

 

そんな中条きよしさんの新曲が「煙が目にしみる」です。

 

ふっとため息 見上げた空に
ふっとふかした 今夜の煙草
やけに煙が 目にしみる

 

かつて愛した女性を思い出しながら煙草を吸う歌です。
煙が目にしみると言いながら、本当は思い出して泣いているのでしょう。

女性をさんざん泣かせてきた男が、逆に泣いている。なんとも中条さんが歌うと様になります。誰を思い出しているのでしょうか?「エプロン姿がよく似合うと悲しい嘘をついた」女性でしょうかね。

 

A.「熱い口づけをくれながら、冷たい嘘」をついていた女性と別れたが、実は愛していたことに気がついて、楽しかった時代を思い出して泣いている。

B.「女がほろりとくるような優しい嘘」を付いていた女性と一緒になったが、先に旅立たれ、楽しかった時代を思い出している。

 

どちらでしょうか。

女性はAの方が、復讐できた感があり良いのでしょうか。

男性は純愛っぽいBの方であって欲しいと思います。

何れにしてもじわじわくる良い歌です。

 

世の中年がしみじみ歌える歌ですので、大ヒットして欲しいものです。