垂れ流し日記

その日に起きた出来事の感想をそのまま書く垂れ流し日記

ピエール・ローラン、ティージェイに続くのは・・

 

ジロ・デ・イタリア ステージ17 

 勝者:ピエール・ローラン(キャノンデール

 

ジロ・デ・イタリア ステージ18 

 勝者:ティージェイ・ヴァンガーデレン(BMC)

 

かつて、「未来のエース」と呼ばれるものの、その後全く結果が出ていなかった二人が、ジロ・デ・イタリアのこの終盤の総合争いしている選手が鎬を削っているステージで、しかも連続で勝利を上げるなど、誰が予想していたでしょうか。

観戦歴の浅い私からすれば、この二人に関して「あぁピエール・ローランね」とか「やはり、ティージェイ」とか言われまくっている印象の方が強いです。

Wikiで過去の実績を見ても「この頃は輝いていたんだな」と過去の人扱いしていたものです。それが、まさか勝つとは。。。

 

しかし、これらの勝利はフロックでは無いことは見ていてわかります。

ピエール・ローランはゴールした後、喜びを爆発させていました。手を挙げるだけではは喜びの大きさを表現できなかったのか、バイクまで持ち上げていました。

一方、ティージェイ・ヴァンガーデレンはタオルに顔を埋めて泣いていました。

二人とも「勝利のために努力は続けていた」のでしょう。周りからの期待に応えられず、我々ファンからも色々言われ、それでも腐らずに練習を続けてきた。

表現の仕方は違うものの、ゴール後の感情の高ぶりは、これまで苦しくても耐え忍んできた努力があった証拠です。

それを垣間見た気がして、TV越しに我々も思わず涙がこぼれてきました。

やはり努力が実る姿は美しいなと思います。

 

おめでとう、ローラン。

おめでとう、ティージェイ。

 

 

ジロ・デ・イタリアも残るは3ステージ。

最終日のITTはデュムランが勝利すると思われるので、実質残るは2つ。

 

個人的には、アスタナの勝利を見たいです。

一番、スカルポーニに勝利を捧げたいはずのアスタナが未勝利です。なんとしてもジロ・デ・イタリアで勝利をあげてほしいです。

 

「実力者(と思われている)がメジャー勝利から離れている」という意味ではルイ・コスタUAE)でしょうか。

 

それとも戦前は優勝候補と目されながらまだ勝利を上げていない、モレマ(トレック)、クライスヴァイク(ロットNL)、ザッカリン(カチューシャ)あたりでしょうか。

 

ピエール・ローランとティージェイの共通点があります。

ツール・ド・フランス 新人賞を獲得している」という点です。

そういう意味では、キンタナ(モビスター)、ティボ・ピノー(FDJ)、アダム・イェーツ(オリカ)あたりかもしれませんね。何れもリーダージャージ争いをしているのでモチベーションも高いでしょう。

 

さて、どうなることでしょう。