垂れ流し日記

その日に起きた出来事の感想をそのまま書く垂れ流し日記

別れの夜明け@真田ナオキ

今までは北島三郎門下以外ではほとんど聞かなかったのですが、”演歌歌手の弟子”という肩書を持つ演歌歌手が最近増えているような気がします。

 

具体的には

山本譲二の弟子、パク・ジュニョン 2012年デビュー

細川たかしの弟子、杜このみ 2013年デビュー

吉幾三の弟子、真田ナオキ 2016年デビュー

 

山本譲二細川たかし吉幾三は仲が良いというのを聞いたことがありますが、「弟子を持つと儲かる」みたいな話でもしたのでしょうか。それともこの年代になると後進を育てたくなるのでしょうか。

理由はともかく、パク・ジュニョンも杜このみも順調に人気者への階段を登っています。

では、真田ナオキもその後に続けるのか?

 

個人的な意見を言わせてもらえば、人気歌手になる!と思っています。

 

以下、根拠です。

 

1.ハスキーボイス

歌手の一番の武器は”声”だと思います。危機心地の良い声は何物にも変えられない宝物です。その意味で真田ナオキはハスキーボイスという武器を既に持っています。

ハスキーも度が過ぎればダミ声になってしまいますが、現時点ではちょうどよいハスキーさがあります。この声がTVで流れてくると、「オッ、誰だこの声は?」と視聴者を振り向かせられると思います。

 

2.低音

最近は、男性歌手でも高音を売りにしている歌手が多いです。

それはそれでキレイな声が多くてよいのですが、やはりたまには低音がしっかりと出る歌を聞きたいです。

そういう意味で、低音でハスキーな声がでる真田ナオキは、今の演歌界で空いている枠に収まることができます。

 

3.吉幾三

作詞家・作曲家の弟子はデビュー当時は師匠に詞や曲を担当してもらうことが多いですが、シンガーソングライターである吉幾三を師匠にもつ真田ナオキは、両方面倒を見てもらえます。これは大きいでしょう。演歌だけでなく歌謡曲コミックソングにも)に対応できるので、いろいろなイメージの曲を唄えそうです。

また、吉幾三は「海外の音楽を勉強したいので、仕事をセーブする」ということで、更に幅広いジャンルの曲を提供して貰えそうです。(真田ナオキへの曲提供がセーブする対象にならなければ。。。ですが)

 

現在は、2曲目の「別れの夜明け」で頑張っています。

キャンペーンで見ましたが、やはりこの声は聞き心地がよいです。

あと数年すると紅白歌合戦に出場し、キャンペーンに回ってこなくなる可能性もあるため、見るチャンスがある場合は、是非見に行くことをおすすめします。