垂れ流し日記

その日に起きた出来事の感想をそのまま書く垂れ流し日記

ボンディ 神保町

2代目広沢虎造浪曲で有名になった「神田の生まれよ!」というフレーズ。
地方生まれの私にとっては、そんなに「神田生まれ」が誇らしいのかとピンと来なかったが、今や神田で働いている。

働いてみて初めて気がついたのが、意外と"神田"は広いということ。
神田XX町と付いている町が広範囲に渡って存在する。
歴史を紐解くと、もともとは東京市神田区だったそうで、千代田区に変わるときに、神田区に属していた町は、"神田"が冠として付けたそうだ。
やはり、この町に住む人は、"神田"を誇りに思っており、"神田"を無くしたくなかったのだろう。

そんな"神田"シリーズでいちばん有名なのは神田神保町(じんぼうちょう)だと思うが、その神保町の名物は古書とカレー。

「神保町カレー」なんて特集も頻繁に目にするほどの名物である。

神保町に寄ったついでにカレーを食べてきた。

ボンディ チキンカレー@1,480円

欧風カレーの頂点とも名高いこのお店。
味に関しては何もコメントすることはない。
1,500円払って食べるものは、全て美味しいにきまっている(いや、そう思い込みたい)から。

この日記を書きながら思う。
「なぜ、カレーライス一杯に1,500円も払えたのか」と。

普段の私の生活を鑑みると、昼食に1500円なんて使うことはない。
しかし実際に使った。
なぜだろう?
今のところ、「気の迷い」又は「空が晴れていたから」としか思えない。

・もし、次の昼食で1500円使うなら何を食べるだろうか。
・年収がどの程度になれば、毎日1500円を昼食に使えるのだろうか
・嫁はその頃、昨晩の夕食の残りを食べていたのだろうか

後悔はしていないが、これらの疑問が頭を離れない。

ある意味、考えさせられる昼食だった。

銀座で3000円ランチをしているセレブ主婦たちも毎日こんな葛藤を繰り返しているのだろうか。