垂れ流し日記

その日に起きた出来事の感想をそのまま書く垂れ流し日記

新日本プロレスの今後

夏の風物詩、G1クライマックスが幕を閉じた。

今年も激しい熱戦が繰り広げられ、個人的には満足な結果であったが、その一方で「このままで良いのか?」という心配もある。

それは、「技の過激化」である。

ビッグマッチなので、普段のシリーズより技が過激になるのは仕方ないが、際限のない過激化は災いをもたらす可能性がある。

 

今年の決勝戦は、内藤哲也vsケニー・オメガだった。

内藤哲也は、「受け身がうまく、どんな技でも受け切るスタイル」であり、一方のケニー・オメガは、「破天荒な荒々しいスタイル」である。

この二人だからこそなし得たのが、今年の決勝戦であり、互いに怪我を顧みない激闘は深く胸に刻まれた。

しかし、初心者ファンはどうだろう。この二人の試合でドン引きしていた人も多いと思われる。

プロレスの技には「安全で、実際には痛くない技」「安全で、実際に痛い技」「危険で、痛い技」「危険で、痛くない技」がある。

コアなファンはある程度この見極めができてしまうので、「危険で、痛い技」を求めてしまう。初心者はこの見極めができないので、全て「危険で、痛い技」と思い込んでしまう。

そうなると、コアなファンが求める"激戦"は、初心者ファンにとっては「単純に危ない試合」と思ってしまう可能性がある。こうなるとせっかく獲得したファンが離れていく可能性が大きい。

 

数年前に、新日本プロレス人気が復活した起爆剤はオカダカズチカであった。

新日本プロレスの伝統的なスタイルである、”ストロングスタイル”ではなく、どちらかというとアメリカンプロレス(アメプロ)に近いスタイルで人気が復活した。

しかし新規ファンを獲得すると、そのファンを満足させるために、技が過激化してきた。そして技の過激化は誰かの大怪我や事故によって、人気は衰退する。かといって、過激化しないとファンに飽きられる。

この現象から回避するには、WWEのように完全エンタメとして標榜するしか方法はないのだが、日本でそれをすると、「プロレス=八百長」派が出て来るのは過去の歴史が物語っている。

さらに悪いことには、その本家WWEが最近は新日本プロレス寄りになってきているというのも方針転換を難しくしている。世界中のファンが新日本プロレスを見ており、園中でWWEと差別化しようとすれば過激化に進むのは仕方ない。しかしその先に楽園はないことも事実である。嘗ての四天王プロレスのように。

 

どううればよいのか?

やはり、アメプロのようにキャラクターに寄っていくしかないと思う。

かつて、ザ・ロックハルク・ホーガンが10万人を魅了した試合があった。

お互いの決め技はエルボードロップとレッグドロップという極めて安全な技しか持っていなかったのに、そこにキャラクターやストーリーを加えると、10万人を魅了する試合になるのである。

 

勝戦の休憩時間に、怪我で欠場中の柴田がリングに上ってマイクで言った。

「生きています!」

この一言だけで会場は盛り上がり、涙するファンも大勢いた。

これがプロレスだろうと思う。